SDGs・脱炭素の用語

【用語解説】サステナビリティ法務とは?企業の持続可能な発展を支える新たな法務の形

編集部の菊尾
編集部の菊尾
サステナビリティ法務は、企業のESG経営を法的側面から支え、持続的な価値創造を実現する鍵となる存在です。

サステナビリティ法務の概要

サステナビリティ法務とは、企業の持続可能性(サステナビリティ)を高めるために、法務部門が果たすべき新たな役割を指します。従来の法務は、法令遵守や契約管理などが中心でしたが、近年のESG(環境・社会・ガバナンス)への関心の高まりを受け、企業の長期的な価値創造に向けた法的支援が求められるようになってきました。

サステナビリティ法務では、環境規制への対応、人権デューディリジェンスの実施、サステナビリティ情報の開示など、幅広い分野で法的な観点からの助言や支援を行います。これにより、企業は社会的責任を果たしつつ、持続的な成長を実現することができます。

企業への影響

サステナビリティ法務の導入は、企業にとって大きなメリットをもたらします。まず、ESG課題への適切な対応により、投資家や消費者からの評価が高まり、企業価値の向上につながります。また、法的リスクの低減や、ステークホルダーとの良好な関係構築にも役立ちます。

一方で、サステナビリティ法務への取り組みには、専門知識や体制整備が必要となります。法務部門は、サステナビリティに関する最新の動向を把握し、社内の関連部署と連携しながら、効果的な支援を行うことが求められます。

主な事例

1.株式会社FrankPRは途上国の職人や女性たちが身につけた高い皮革技術に対して「スフマート」などの商標登録をすることで知的財産権を通し持続的な雇用や技術を守るサステナビリティ法務の活動をしています。

2.富士通は、サステナビリティ情報の開示に力を入れています。法務部門は、開示内容の適切性や信頼性を確保するため、関連法規の遵守や、開示プロセスの整備に関与しています。また、国際的な開示基準への対応も支援しており、グローバルな投資家との対話に役立てています。

3.日本電気(NEC)は、環境規制への対応にサステナビリティ法務の知見を活用しています。法務部門は、国内外の環境法規の動向を把握し、事業部門に対して適切な助言を行っています。また、環境関連の契約書のレビューや、環境リスクの管理体制の構築にも関与しており、企業の環境経営を支えています。

まとめ

サステナビリティ法務は、企業の持続可能な発展に欠かせない新たな法務の形として注目されています。法務部門がESG課題に積極的に関与することで、企業は社会的責任を果たしつつ、長期的な価値創造を実現することができます。今後、サステナビリティ法務はますます重要性を増していくでしょう。企業には、法務部門の強化と、全社的なサステナビリティ経営の推進が求められます。