SDGs・脱炭素の用語

【用語解説】カーボンニュートラルとは?企業が取り組むべき理由と事例を解説

編集部の菊尾
編集部の菊尾
カーボンニュートラルは、企業の競争力強化と持続可能な社会の実現に向けた、革新的な技術と事業モデルによる挑戦の機会です!

カーボンニュートラルの概要

カーボンニュートラルとは、企業活動によって排出される温室効果ガスの量と、森林などによる吸収や削減の量を均衡させ、実質的な排出量をゼロにすることを指します。地球温暖化対策として、2050年までにカーボンニュートラルの達成を目指す国や企業が増えています。

カーボンニュートラルを実現するためには、再生可能エネルギーの導入、省エネルギーの推進、森林保全などの取り組みが必要です。企業は自社の排出量を把握し、削減目標を設定して計画的に取り組むことが求められます。

企業への影響

カーボンニュートラルは企業にとって、社会的責任を果たすだけでなく、経営上のメリットもあります。環境に配慮した企業として評価されることで、顧客や投資家からの支持を得られます。また、省エネルギーによるコスト削減や、再生可能エネルギーの導入による電力の安定供給なども期待できます。

一方で、カーボンニュートラルへの取り組みには投資が必要であり、短期的には利益を圧迫する可能性もあります。しかし、長期的な視点に立てば、環境規制の強化や消費者の意識の変化に対応できる企業が競争力を持つことになるでしょう。

主な事例

1. アップル:2030年までにサプライチェーンを含むすべての事業活動でカーボンニュートラルを達成することを目標に掲げています。再生可能エネルギーの導入や、製品のエネルギー効率の向上、サプライヤーとの協力などに取り組んでいます。

2. 商船三井:次世代帆船「ウインドチャレンジャー」の開発:商船三井は、風力エネルギーを直接船舶の推進力に変える「ウインドチャレンジャー」を開発しました。再生可能エネルギーである風を活用することで、化石燃料の使用量を抑え、温室効果ガス排出量の大幅削減を目指しています。2022年10月には、ウインドチャレンジャー帆を搭載した石炭船が運航を開始しました

3. パタゴニア:環境保護を重視する outdoor ブランドとして知られるパタゴニアは、再生可能エネルギーの利用や、リサイクル素材の活用、製品の長寿命化などを通じてカーボンニュートラルを目指しています。また、環境保護団体への寄付や、顧客への啓発活動にも力を入れています。

まとめ

カーボンニュートラルは、地球温暖化対策として企業に求められる重要な取り組みです。初期投資が必要な面もありますが、長期的には企業の競争力につながります。先進的な企業の事例を参考に、自社の事業特性に合わせた取り組みを進めていくことが大切です。