SDGs・脱炭素の用語

【用語解説】水素社会とは?脱炭素化に向けた水素エネルギーの可能性と課題

編集部の菊尾
編集部の菊尾
水素社会は、脱炭素化とエネルギー安全保障を両立する未来への切り札かもしれません!

「水素社会が切り拓く持続可能な未来 - SDGsとの関連性」

概要

水素社会とは、水素をエネルギー源として活用することで、脱炭素化と持続可能な社会の実現を目指す概念です。水素は利用時にCO2を排出せず、再生可能エネルギーを用いて製造することで、製造から利用までのサプライチェーン全体で脱炭素化が可能となります。この水素社会の実現は、SDGsの達成にも大きく貢献すると期待されています。

企業への影響

水素社会への移行は、企業にとって大きな事業機会となります。水素関連技術の開発や、水素インフラの整備、水素を活用した製品・サービスの提供など、様々な分野で新たなビジネスチャンスが生まれます。一方で、化石燃料に依存したビジネスモデルからの転換を迫られるなど、企業経営にも大きな影響を与えます。SDGsへの貢献を重視する投資家からの評価を高めるためにも、企業は水素社会への対応を積極的に進める必要があります。

主な事例

水素社会の実現に向けては、様々な企業が取り組みを進めています。トヨタ自動車は、燃料電池車の開発・販売を通じて、モビリティ分野での水素活用を推進しています。また、JERAは、再生可能エネルギーを用いた水電解による水素製造の実証事業を進めるなど、エネルギー企業も水素事業に参入しています。

まとめ

水素社会の実現は、脱炭素化とSDGsの達成に向けた重要な鍵となります。企業には、水素関連事業への参入や、サステナブルな事業運営への転換など、積極的な取り組みが求められています。水素社会への移行を通じて、企業は持続可能な未来の実現に貢献することができるのです。