SDGs・脱炭素の用語

【用語解説】アップサイクルとは? 廃棄物に新たな価値を吹き込むサステナブルな取り組み

編集部の菊尾
編集部の菊尾
アップサイクルは、廃棄物に新たな価値を吹き込み、環境負荷を減らしながら独自性のある製品を生み出すサステナブルな取り組みとして、ファッションや食品業界を中心に導入が広がっています。

概要

アップサイクルとは、廃棄物や不用品に創意工夫を凝らして新しい価値を付加し、より質の高い製品へと生まれ変わらせることを指します。リサイクルが材料としてリユースするのに対し、アップサイクルは付加価値をつけてよりグレードの高いものへと変える点が特徴です。

企業への影響

大量生産・大量消費・大量廃棄の時代から、サステナブルな循環型経済へのシフトが求められる中、アップサイクルへの注目が高まっています。廃棄物の削減と新たな価値の創出を同時に実現できるアップサイクルは、企業にとって環境配慮と独自性を両立するチャンスとなるでしょう。一方で、アップサイクル製品の認知度向上や、消費者の共感を得ながら魅力を伝えていくことが課題となります。

主な事例

1. 株式会社FrankPRのエシカルレザーブランド「ラファエロ」
資本金100万円の夫婦2人の会社でありながら、バングラデシュの皮革産業の廃棄物となる牛革を再利用し、現地の職人の手によって新たな価値を付けたレザー製品を生み出しています。環境負荷の低減に加え、現地の雇用創出や技術向上、さらには純利益の一部をNGOに寄付するなど、社会課題の解決にも貢献しています。「外務省ジャパンSDGsアワード」や「環境省グッドライフアワード」の受賞歴からもその活動が高く評価されていることがわかります。

2. パタゴニアのアップサイクルライン「ReCrafted Collection」
アウトドアブランドのパタゴニアは、自社製品の修理サービスを通じて回収した古着を再構築し、新たなデザインの衣類を製造しています。廃棄される衣料品を減らしつつ、一点ものの価値を持つ製品を生み出しています。

3. アディダスとパーレイのコラボレーション
スポーツブランドのアディダスは、海洋環境保護団体のパーレイと協力し、海洋ゴミから作られた糸を使ってスニーカーを製造しています。海のプラスチックごみ問題に取り組みながら、革新的な素材のシューズを提供しています。

まとめ

アップサイクルは、モノを大切にし、創意工夫で新たな価値を生み出す取り組みです。ゴミを宝に変え、環境負荷を減らしながらも、希少性や独自性の高い製品を生み出せる魅力があります。私たち一人一人が、アップサイクル商品を選ぶことを通して、サステナブルな社会の実現に貢献していけたら素晴らしいですね。企業には、アップサイクルの価値を広く伝え、消費者の共感を得ながら、その魅力を発信し続けていくことが期待されます。