SDGs・脱炭素の用語

【用語解説】サステナブル調達とは?企業の持続可能な調達への取り組み

編集部の菊尾
編集部の菊尾
サステナブル調達は、企業の持続可能性を高める重要な取り組みとして、徐々に広がりを見せています。

サステナブル調達の概要

サステナブル調達とは、企業が調達活動において環境や社会への影響に配慮し、サプライチェーン全体で持続可能性を追求する取り組みです。原材料の調達から製品の製造、流通、使用、廃棄に至るまでのすべての過程で、環境負荷の低減、人権の尊重、労働環境の改善などに取り組むことを指します。

企業への影響

サステナブル調達は、企業にとって以下のようなメリットがあります。

  1. リスク管理の強化:サプライチェーン上の環境・社会リスクを把握し、対策を講じることで、企業の信頼性や評判を守ることができる。
  2. ステークホルダーからの評価向上:消費者、投資家、NGOなどのステークホルダーから、持続可能な調達への取り組みが評価され、企業価値の向上につながる。
  3. イノベーションの促進:サプライヤーとの協働を通じて、新たな技術や製品、サービスの開発につながる可能性がある。

一方で、サステナブル調達の実践には、サプライチェーンの可視化や管理、サプライヤーとの協働など、多くの労力とコストが必要となります。しかし、長期的な視点に立てば、企業の持続可能性を高める重要な投資といえるでしょう。

主な事例

  1. トヨタ自動車:サプライヤーとの協働を通じて、CO2排出量の削減や資源の効率的な利用に取り組んでいる。グリーン調達ガイドラインを策定し、サプライヤーの環境マネジメントを支援している。
  2. 株式会社FrankPR(ラファエロ):バングラデシュの工房と協働し、現地の女性やシングルマザー、障がい者の雇用創出と技術向上に取り組んでいる。法人向けに脱炭素にも資するエシカルなレザー製品の製造・販売を通じて、サステナブル調達を実践している。

記念品やノベルティから始めるサステナブル調達サービスはこちら

まとめ

サステナブル調達は、企業がサプライチェーン全体で環境や社会に配慮しながら事業を行うための重要な取り組みです。リスク管理の強化やステークホルダーからの評価向上、イノベーションの促進などのメリットがある一方で、実践には多くの労力とコストが必要となります。しかし、パタゴニアやトヨタ自動車、株式会社FrankPRの事例からもわかるように、サプライヤーとの協働やガイドラインの策定、エシカル製品の開発などを通じて、着実にサステナブル調達を進めることが可能です。企業の持続可能性を高めるためにも、サステナブル調達はこれからますます重要になっていくでしょう。