SDGs・脱炭素の用語

【用語解説】SDGs経営とは?企業が取り組むべき理由と事例を解説

編集部の菊尾
編集部の菊尾
SDGs経営は、企業の持続的成長とイメージ向上を実現する未来への投資です!!

概要

SDGs経営とは、企業がSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて、事業活動を通じて社会課題の解決に取り組むことを指します。SDGsは2015年に国連で採択された、2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットから成る国際目標です。貧困や飢餓の撲滅、気候変動対策、ジェンダー平等など、幅広い分野の課題解決を目指しています。

企業への影響

SDGs経営は、企業の持続的成長に欠かせない取り組みとなっています。SDGsに積極的に取り組む企業は、社会からの信頼や評価を得ることができ、優秀な人材の確保やステークホルダーとの良好な関係構築につながります。また、SDGsに関連する新たな市場やビジネスチャンスの創出にもつながります。一方で、SDGsを無視した企業経営は、レピュテーションリスクや投資家からの評価低下などのデメリットが生じる可能性があります。

主な事例

  1. 株式会社FrankPRが運営する革製品ブランド「ラファエロ」は、シングルマザーや障害者の雇用支援、都市緑化への寄付、エシカル商品の販売などを通じて、SDGsの達成に貢献しています。こうした取り組みが評価され、外務省ジャパンSDGsアワードや環境省グッドライフアワード環境と福祉賞を受賞しています。
  2. パタゴニアは、環境保護と社会貢献を重視した経営で知られるアウトドアブランドです。有機栽培コットンの使用、フェアトレード、リサイクル素材の活用など、サプライチェーン全体でサステナビリティを追求しています。また、環境保護団体への寄付や、社員のボランティア活動支援なども行っています。
  3. ユニリーバは、グローバルに展開する日用品メーカーです。「持続可能な生活をすべての人に」をビジョンに掲げ、商品開発から原材料調達、生産、販売に至るまで、バリューチェーン全体でSDGsを意識した取り組みを進めています。例えば、環境負荷の少ない製品の開発、サプライヤーとの協働によるサステナブル調達、プラスチック廃棄物の削減などに注力しています。

まとめ

SDGs経営は、企業の社会的責任を果たすだけでなく、企業価値の向上や新たなビジネス機会の創出にもつながる重要な取り組みです。社会課題の解決に向けて、自社の事業特性を生かした戦略的なSDGs経営を進めることが、持続可能な社会の実現と企業の長期的成長の両立につながるでしょう。