SDGs・脱炭素の用語

【用語解説】グリーンボンドとは?環境問題解決に向けた新たな資金調達手段

編集部の菊尾
編集部の菊尾
グリーンボンドは、企業の環境問題解決への取り組みを加速させる有力な資金調達手段であり、ESG投資の拡大とともに今後さらなる発行拡大が期待されます。

グリーンボンドの概要

グリーンボンドとは、企業や自治体が環境問題の解決に資する事業(グリーンプロジェクト)に要する資金を調達するために発行する債券のことです。調達資金の使途が環境改善に限定されており、資金の管理や事後報告の透明性が求められるのが特徴です。

2008年に世界銀行が初めて発行して以来、グリーンボンド市場は急速に拡大しています。気候変動への対応が喫緊の課題となる中、グリーンボンドは脱炭素社会の実現に向けた有力な資金調達手段として注目を集めています。

企業への影響

グリーンボンドの発行は、企業にとって様々なメリットをもたらします。まず、環境問題への取り組みを積極的にアピールできるため、企業イメージの向上につながります。ESG投資の拡大を背景に、環境に配慮した企業は投資家から高く評価される傾向にあります。

また、グリーンボンドの発行を通じて、多様な投資家層からの資金調達が可能になります。特に、ESG投資を重視する機関投資家や個人投資家からの需要が見込めます。さらに、グリーンボンドの発行は、企業の環境問題への取り組みを後押しする効果も期待できます。

一方で、グリーンボンドの発行には追加的なコストがかかるという課題もあります。調達資金の管理や事後報告に関する体制整備が必要となるためです。ただし、政府による補助金制度などを活用することで、こうしたコストを軽減することも可能です。

主な事例

  1. 東京都は2017年、国内の自治体として初めてグリーンボンドを発行しました。調達資金は、省エネルギー対策や再生可能エネルギーの導入などに充てられています。東京都のグリーンボンド発行は、自治体による環境問題への積極的な取り組みを示す象徴的な事例として注目されました。
  2. 三井住友信託銀行は、2018年に国内初のグリーンボンドファンドを設定しました。再生可能エネルギーや環境不動産などに投資するグリーンボンドに幅広く投資することで、持続可能な社会の実現に貢献しています。機関投資家による グリーンボンド投資の先駆的な事例と言えます。

 

まとめ

グリーンボンドは、企業や自治体が環境問題解決に向けた取り組みを加速させるための有力な資金調達手段です。ESG投資の拡大を追い風に、今後さらなる市場の拡大が見込まれています。

グリーンボンドの発行は、企業イメージの向上や多様な投資家層からの資金調達といったメリットをもたらします。一方で、追加的なコストがかかるという課題もあるため、政府の支援制度などを有効活用することが求められます。

グリーンボンドは、持続可能な社会の実現に向けた企業や自治体の取り組みを後押しするツールとして、大きな役割を果たすことが期待されています。私たち一人ひとりが、グリーンボンドへの理解を深め、その意義を広く伝えていくことが重要です。