SDGs・脱炭素の用語

【用語解説】自動運転とは?仕組みと社会的メリット

編集部の菊尾
編集部の菊尾
自動運転は、交通事故の削減や移動の自由の拡大を通じて、誰もが安心して暮らせるサステナブルな社会の実現に貢献する革新的な技術です。

自動運転の概要

自動運転とは、人間の操作なしに自動車が自律的に走行することを指します。

自動車に搭載されたセンサーやカメラ、AI(人工知能)などの技術を用いて、周囲の環境を認識し、適切な判断を下して走行します。自動運転には、運転の一部を支援するレベルから、完全に自動で走行するレベルまで、様々な段階があります。

自動運転の最大のメリットは、交通事故の削減です。人的ミスによる事故を大幅に減らすことができ、交通の安全性が向上します。また、渋滞の緩和や燃費の向上など、環境面でのメリットも期待されています。高齢者や障がい者の移動手段としても注目されており、誰もが自由に移動できる社会の実現に貢献します。

企業への影響

自動運転は、自動車産業だけでなく、様々な業界に大きな影響を与えます。

自動車メーカーは、自動運転技術の開発に注力し、競争力の強化を図っています。IT企業も、自動運転に必要なソフトウェアやAIの開発に参入しています。

また、自動運転は、物流業界にも革新をもたらします。無人配送やトラックの隊列走行など、効率的な物流システムの構築が可能になります。これにより、人手不足の解消や、コスト削減が期待できます。

主な事例

1.トヨタ自動車は、自動運転技術の開発に積極的に取り組んでいます。

2020年には、自動運転車両の実証実験を東京で開始しました。実験では、専用の自動運転車両を使用し、一般道路での走行テストを行っています。トヨタは、2025年までに自動運転車の商用化を目指しており、安全性の確保と社会受容性の向上に努めています。

2.ZMPは、自動運転技術を活用した無人配送サービス「CarriRo Deli(キャリロデリ)」を提供しています。

CarriRo Deliは、自動運転車両を使って、食品や日用品などを配送するサービスです。2020年には、東京の一部地域で実証実験を開始しました。ZMPは、無人配送サービスの普及により、物流業界の人手不足解消や、効率化に貢献することを目指しています。

まとめ

自動運転は、交通事故の削減や移動の自由の拡大など、社会に大きな変革をもたらす技術です。

企業にとっては、新たなビジネスチャンスの創出や、効率化による競争力の強化が期待できます。一方で、安全性の確保や、法整備など、克服すべき課題も残されています。自動運転の普及には、技術開発だけでなく、社会受容性の向上や、倫理的な議論も重要です。自動運転が切り開く、サステナブルな社会の実現に向けて、官民一体となった取り組みが求められています。